« ゆったり ほっこり 方言詩(05) 【にゃー】 | トップページ | ゆったり ほっこり 方言詩(07) 【お腹おきる】 »

2007年2月 6日 (火)

ゆったり ほっこり 方言詩(06) 【えらい】

えらそうな大統領     市井麻耶

もしもね、大統領みたいな
偉い人がながーい階段登ってたら
香川の人はこう言うんだ。

「えらい、偉そうな人が階段なんか
 登っとるな。えらい えらそうやなぁ。」

どうだ、呪文みたいでしょ?
           [方言取材地……香川県東讃岐地域]

[たちばな氏の立ち話]
 「えらい」という言葉のいろんな意味に注目して、それを端的に表現した例を示している詩です。ほんとに呪文みたいに聞こえます。
 「えらい」が〝偉い〟であるというのは共通語としての用法です。「えらい えらそうや」という部分を、作者は「すごく しんどそうだ」という注をつけています。この部分を方言であると認識することに異論はありませんが、〝骨が折れる、困難だ、苦しい、疲れる〟というような意味は、西日本に広く分布しています。また、副詞のように用いて〝たいそう、ずいぶん〟という意味で使う地域は、西日本だけでなく中部・関東・東北へも広がっています。
 関西では、副詞的な用法の「えらい おもろい(面白い)」という言い方は、短くなると「えら おもろい」になります。それが進むと「えら」を接頭語のように用いるようになります。「あいつは えら気短なやつや。」とか「えらスマートな車に乗っとるなぁ。」などと言います。香川県でも同様かもしれません。

|

« ゆったり ほっこり 方言詩(05) 【にゃー】 | トップページ | ゆったり ほっこり 方言詩(07) 【お腹おきる】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149349/5224265

この記事へのトラックバック一覧です: ゆったり ほっこり 方言詩(06) 【えらい】:

« ゆったり ほっこり 方言詩(05) 【にゃー】 | トップページ | ゆったり ほっこり 方言詩(07) 【お腹おきる】 »