« 言葉カメラ(28) 【「かにカニ」】 | トップページ | 言葉カメラ(30) 【鶴亀・松竹梅】 »

2007年2月22日 (木)

言葉カメラ(29) 【「駅前」】

駅がなくても「駅前」

 駅前は、その町の顔のような場所です。「駅前通り」「駅前商店街」などという名前にはなんとなく誇らしさが感じられます。洲本市(淡路島)で見かけた「駅前マンション」もやはり同じでしょう。1枚目の写真がそれです。けれども、「駅前」にあるマンションから、「駅」に向かおうとしても目的地を探すことはできません。
 今はバス専業となっている淡路交通は、1914年(大正3年)4月に創立された淡路鉄道が前身です。鉄道営業は1922年(大正11年)11月に洲本を起点に始まり、1925年(大正14年)6月に福良(現在の南あわじ市)までの全線が開通しました。戦後は電化をして、全国でも珍しい島の電車として活躍してきましたが、1966年(昭和41年)9月に廃止されました。
 実は、このマンションのすぐ近くに洲本バスターミナルがあって、そこが電車の洲本駅の跡なのです。まぎれもなく駅前でした。それにしても、駅がなくなっても「駅前」という言葉は30年も40年も生き続けているのです。
 そして、その後で「駅前コーポ」というのも見つけました。2枚目の写真がそれです。「楓」という言葉が冠されていますが、やはり洲本市内のものです。私は2年間、洲本市内の学校に勤務したことがあります。洲本では、このマンションやコーポだけでなく、「駅前」という言葉が時々使われているのを耳にしました。

【1枚目の写真は、1999年(平成11年)8月2日に、兵庫県洲本市内で撮影。2枚目の写真は、1999年(平成11年)8月20日に、兵庫県洲本市内で撮影。】

≪画像をクリックしてください。大きくて鮮明な画像になります。≫

Photo_46 Photo_47

|

« 言葉カメラ(28) 【「かにカニ」】 | トップページ | 言葉カメラ(30) 【鶴亀・松竹梅】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149349/5366304

この記事へのトラックバック一覧です: 言葉カメラ(29) 【「駅前」】:

« 言葉カメラ(28) 【「かにカニ」】 | トップページ | 言葉カメラ(30) 【鶴亀・松竹梅】 »