« ゆったり ほっこり 方言詩(23) 【へん?】 | トップページ | ゆったり ほっこり 方言詩(25) 【夏休み】 »

2007年3月 4日 (日)

ゆったり ほっこり 方言詩(24) 【てや】

あったまる        [匿名希望]

いつもは気にして隠していても
ケンカをすると出てしまう。
「ほがいなこと言うたっち、こまいこと
 言いすぎやてや。」
恥ずかしいと思っていたのに
怒っていた気持ちが
あったまる。
           [方言取材地……愛媛県大洲市]

[たちばな氏の立ち話]
 作者の注によれば、「ほがいなこと言うたっち、こまいこと 言いすぎやてや。」というのは、「そんなことを言っても、細かいことを言い過ぎなんだよ」という意味です。この部分が方言としての言葉が生き生きとあらわれています。
 そして、そんな言葉を口にすることによって「怒っていた気持ちが あったまる。」というのが方言のよさ、効用なのです。
 『日本方言大辞典』(小学館、1989年刊)によれば、「てや」を文末に置いて、念を押したり意味を強めたりする用法は、石川県あたりから西の方に点在しているようです。

|

« ゆったり ほっこり 方言詩(23) 【へん?】 | トップページ | ゆったり ほっこり 方言詩(25) 【夏休み】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149349/5559363

この記事へのトラックバック一覧です: ゆったり ほっこり 方言詩(24) 【てや】:

« ゆったり ほっこり 方言詩(23) 【へん?】 | トップページ | ゆったり ほっこり 方言詩(25) 【夏休み】 »