« ゆったり ほっこり 方言詩(28) 【めっさ】 | トップページ | ゆったり ほっこり 方言詩(30) 【きんさい】 »

2007年3月 9日 (金)

ゆったり ほっこり 方言詩(29) 【なぁよ】

なぁよ        [匿名希望]

免許合宿で和歌山の海南に行ってん
車運転しとったら教官に
「次 右に曲がりなぁよ」
って言われてんけど……
「なぁよ」って何のことかわからんかった
後でわかったんやけど
「次 右に曲がって」
ってことやったみたい
           [方言取材地……和歌山県海南市]

[たちばな氏の立ち話]
 特別に難解な言葉でなくても、ふと耳にした言葉の意味がわからないということは、よくあります。しかも、アクセントが異なっていたりするとなおさらです。
 この詩の場合、文字で書いてしまうと、なんでもないように見えるのですが、初めて聞いたときには「わからんかった」のですね。

|

« ゆったり ほっこり 方言詩(28) 【めっさ】 | トップページ | ゆったり ほっこり 方言詩(30) 【きんさい】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149349/5582242

この記事へのトラックバック一覧です: ゆったり ほっこり 方言詩(29) 【なぁよ】:

« ゆったり ほっこり 方言詩(28) 【めっさ】 | トップページ | ゆったり ほっこり 方言詩(30) 【きんさい】 »