« ゆったり ほっこり 方言詩(29) 【なぁよ】 | トップページ | ゆったり ほっこり 方言詩(31) 【あほぉ】 »

2007年3月10日 (土)

ゆったり ほっこり 方言詩(30) 【きんさい】

いってきます      [匿名=C・N]

「おはよう」
「今日も寒いでぇ
 道路は凍っとるけぇ
 こけんように気をつけて
 学校行くだでぇ」
「うん、じゃあ行ってきます」
「気をつけて行ってきんさい
 今日はあったかいもん作って
 待っとるけぇ」
           [方言取材地……鳥取県八頭郡八頭町]

[たちばな氏の立ち話]
 家族との対話でしょうが、ほのぼのとした雰囲気が伝わってきます。こんなときは、やっぱり方言の世界です。改まった言葉を使ったら、この気持ちはあらわしにくいのではないでしょうか。地域の言葉を壊さないように、逃がさないように使いたいと思います。
 かつての同僚に岡山県北部出身の方がおられて、「早うしんさい」とか「この本、読んでみんさい」とかいう言葉をしばしば聞いていましたから、私にとっては「行ってきんさい」という表現も、懐かしく聞こえます。

【写真は、2003年(平成15年)7月22日に、岡山県英田郡大原町(現在は、美作市)内で撮影。】
 智頭急行の大原駅で見かけたポスターです。「来んさい! 見んさい! 踊りん祭!」という言葉は、方言の言い回しを活用しながら、「祭」との掛詞にもなっていて、出来の良さに感心しました。
 大原町(岡山県美作市)-智頭町(鳥取県八頭郡)-八頭町(鳥取県八頭郡)は、智頭急行とJR因美線で結ばれている町です。

≪画像をクリックしてください。大きくて鮮明な画像になります。≫

Photo_88

|

« ゆったり ほっこり 方言詩(29) 【なぁよ】 | トップページ | ゆったり ほっこり 方言詩(31) 【あほぉ】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149349/5582333

この記事へのトラックバック一覧です: ゆったり ほっこり 方言詩(30) 【きんさい】:

« ゆったり ほっこり 方言詩(29) 【なぁよ】 | トップページ | ゆったり ほっこり 方言詩(31) 【あほぉ】 »