« 言葉カメラ(42) 【飛砂、落雪】  | トップページ | 言葉カメラ(44) 【なんやしゃんけど】 »

2007年3月23日 (金)

言葉カメラ(43) 【制服・制帽】

「制服・制帽」

 「関係者以外立入禁止」とか「係員以外は手を触れないでください」とかいう表現はよく見かけます。ところで、阪神電鉄西大阪線の西九条駅(終点)で見かけた禁止札は、具体的な表現でした。
 鉄道の場合、勤務中の人は「制服・制帽」が原則でしょう。この「制服・制帽」は、係員というのと同義で、それを具体的な姿・形で表現したものなのか、あるいは、それ以外の意味を込めているのかはわかりませんでした。
 「軌道内」を通行すると事故を心配しなければなりません。禁止札の有無にかかわらず、軌道内に入ってはいけないことは、誰もわかっているでしょう。一方、「通路」というのは、現在、使っていないホームの方へ行かないようにという呼びかけであるように思います。
 なお、阪神電鉄は西大阪線の延伸工事を行っています。2009年(平成21年)4月頃には阪神西九条駅と近鉄難波駅の間が結ばれて、それを介して三宮(神戸市)と奈良の間に直通電車が走る予定になっています。

【写真は、2003年(平成15年)5月11日に、大阪市此花区内で撮影。】

Photo_69

|

« 言葉カメラ(42) 【飛砂、落雪】  | トップページ | 言葉カメラ(44) 【なんやしゃんけど】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149349/5692513

この記事へのトラックバック一覧です: 言葉カメラ(43) 【制服・制帽】:

« 言葉カメラ(42) 【飛砂、落雪】  | トップページ | 言葉カメラ(44) 【なんやしゃんけど】 »