« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月30日 (木)

【掲載記事の一覧】

 4月は、桜の写真ばかりを掲載してきました。もう少し残っていますので掲載を続けます。けれども、別の記事との併載にします。
 今月は途中で、掲載記事数が1000に達しました。2000あるいは3000を目指してブログを続けます。

 ブログをお読みくださってありがとうございます。
 これまでに連載した内容の一覧を記します。
 お読みくださって、感想・意見・連絡などがありましたら、
       kyoiku.kokugo@gmail.com
  宛に、よろしくお願いします。

≪掲載を継続しているもの≫
◆言葉カメラ (1)~(323)~継続予定
    [2007年1月5日~2007年1月31日]
    [2007年2月21日~2007年2月28日]
    [2007年3月16日~2007年3月31日]
    [2007年4月19日~2007年4月30日]
    [2007年5月9日~2007年5月30日]
    [2007年10月1日~2007年10月13日]
    [2007年11月1日~2007年11月26日]
    [2007年12月13日~2007年12月30日]
    [2008年1月19日~2008年1月30日]
    [2008年2月1日~2008年2月10日]
    [2008年5月1日~2008年5月10日]
    [2008年6月1日~2008年6月8日]
    [2008年7月21日~2008年7月30日]
    [2008年8月1日~2008年8月30日]
    [2008年9月25日~2008年9月29日]
    [2008年10月1日~2008年10月30日]
    [2008年11月1日~2008年11月11日]
    [2008年12月1日~2008年12月7日]
    [2008年12月16日~2008年12月30日]
    [2009年1月20日~2009年1月30日]
    [2009年2月9日~2009年2月15日]
    [2009年3月17日~2009年3月31日]

◆テクのろヂイ (1)~(32)~継続予定
    [2009年1月11日~2009年1月19日]
    [2009年2月1日~2009年2月8日]
    [2009年3月1日~2009年3月15日]

◆神戸圏の文学散歩 (1)~(5)~継続予定
    [2006年12月27日~2006年12月31日]

◆母なる言葉 (1)~(10)~継続予定
    [2008年1月1日~2008年1月10日]

◆六甲の山並み[言葉つれづれ] (1)~(4)~継続予定
   [2006年12月23日~2006年12月26日]

◆おもしろ日本語・ふしぎ日本語 (1)~(27)~継続予定
    [2007年1月1日~2007年1月4日]
    [2007年6月7日~2007年6月29日]

◆西島物語 (1)~(8)~継続予定
    [2008年1月11日~2008年1月18日]

◆鉄道切符コレクション (1)~(24)~継続予定
    [2007年7月8日~2007年7月31日]

◆足下の観光案内 (1)~(12)~継続予定
    [2008年11月14日~2008年11月25日]

◆写真特集・うめ (1)~(42)~継続予定
    [2008年2月11日~2008年2月24日]
    [2009年2月16日~2009年2月27日]
    [2009年3月1日~2009年3月16日]

◆写真特集・さくら (1)~(63)~継続予定
    [2007年4月7日~2007年4月17日]
    [2008年4月1日~2008年4月22日]
    [2009年4月1日~2009年4月30日]

◆写真特集・きく (1)~(5)~継続予定
    [2007年11月27日~2007年11月29日]
    [2008年11月12日~2008年11月13日]

◆写真特集・紅葉黄葉 (1)~(19)~継続予定
    [2007年12月1日~2007年12月7日]
    [2008年11月26日~2008年11月29日]
    [2008年12月8日~2008年12月15日]

◆写真特集・季節の花 (1)~(3)~継続予定
    [2007年5月8日、5月31日、6月30日]

◆屏風ヶ浦の四季 (1)~継続予定
    [2007年8月31日]

◆昔むかしの物語 (1)~継続予定
    [2007年4月18日]

◆小さなニュース (1)~継続予定
    [2008年2月28日]

≪掲載が完結しているもの≫
◆しょんがつ ゆうたら ええもんや (1)~(10)
    [2009年1月1日~2009年1月10日]

◆教職課程での試み (1)~(24)
    [2008年9月1日~2008年9月24日]

◆改稿「国語教育を素朴に語る」 (0)~(102)
    [2008年2月25日~2008年3月30日]
    [2008年4月23日~2008年4月29日]
    [2008年5月11日~2008年5月30日]
    [2008年6月9日~2008年7月20日]

◆相手を思いやる姿勢と、自分を表現する力 (1)~(3)
    [2006年10月2日~2006年10月4日]

◆学力づくりのための基本的な視点 (1)~(7)
    [2006年10月5日~2006年10月11日]

◆教員志望者に必要な読解力・表現力 (1)~(18)
    [2006年10月16日~2006年11月2日]

◆教職をめざす若い人たちに (1)~(6)
    [2007年6月1日~2007年6月6日]

◆これからの国語科教育 (1)~(10)
    [2007年8月1日~2007年8月10日]

◆現代の言葉について考える (1)~(7)
    [2007年7月1日~2007年7月7日]

◆自分を表現する文章を書くために (1)~(11)
    [2007年10月20日~2007年10月30日]

◆兵庫県の方言 (1)~(4)
    [2006年10月12日~2006年10月15日]

◆暮らしに息づく郷土の方言 (1)~(10)
    [2007年8月11日~2007年8月20日]

◆姫路ことばの今昔 (1)~(12)
    [2007年9月1日~2007年9月12日]

◆私の鉄道方言辞典 (1)~(17)
    [2007年9月13日~2007年9月29日]

◆高校生に語りかけたこと (1)~(29)
    [2006年11月9日~2006年12月7日]

◆ゆったり ほっこり 方言詩 (1)~(42) 【再開の可能性あり】
    [2007年2月1日~2007年2月20日]
    [2007年3月1日~2007年3月15日]
    [2007年5月1日~2007年5月7日]

◆高校生に向かって書いたこと (1)~(15)
    [2006年12月8日~2006年12月22日]

◆1年たちました (1)~(7)
    [2007年8月21日~2007年8月27日]

≪絶版として扱うもの≫  (ただし、ブログからは消去しておりません。)
◆国語教育を素朴に語る (1)~(51)
    [2006年8月29日から、2007年12月12日まで] 4回に分けて連載。

◆明石焼の歌 (1)~(3)
    [2007年8月28日~2007年8月30日]

| | コメント (0)

写真特集・さくら(63)

大阪の造幣局④

  夕桜家ある人はとく帰る        一茶
  花に暮れて我家遠き野道かな  蕪村

 花の命は短かくて、観賞できる時間は少ないのです。現代人ならずとも、桜花を愛でる人は短い時間を工面して出かけてきて、見終わると足早に家路をたどったのかもしれません。
 昔の人は花信をどのようにして得たのでしょうか。新聞に花便りが掲載される時代とは違います。自分の足が行動範囲という時代は、毎年見る桜木は決まっていたのでしょうか。

【写真は、2009年(平成21年)4月15日に、大阪市北区内で撮影。】

≪画像をクリックしてください。大きくて鮮明な画像になります。≫Cimg0939 Cimg0941 Cimg0940 Cimg0942 Cimg0943 Cimg0944 Cimg0945 Cimg0946 Cimg0947

| | コメント (0)

2009年4月29日 (水)

写真特集・さくら(62)

大阪の造幣局③

 中学校のときの遠足の目的地が造幣局でした。たぶん2年生のときだったように思っています。卒業アルバムには小さなモノクロ写真が何枚か載せられています。遠足といってもバス旅行でしたが、年2回のうちの春だったのか秋だったのかという記憶は消え失せています。硬貨作りの現場を見せていただいた記憶があります。通り抜けの桜の木々のある辺りとは別の区域を見せてもらったのだろうと思います。

【写真は、2009年(平成21年)4月15日に、大阪市北区内で撮影。】

≪画像をクリックしてください。大きくて鮮明な画像になります。≫Cimg0923 Cimg0924 Cimg0925 Cimg0932 Cimg0934 Cimg0933 Cimg0935 Cimg0936 Cimg0937

| | コメント (0)

2009年4月28日 (火)

写真特集・さくら(61)

大阪の造幣局②

 造幣局の通り抜けを訪れたのは初めてでした。大阪のデパートでの美術展を見たついでに立ち寄ったのですが、予想以上のものでした。
 予想以上というよりは、何の予備知識も持ち合わせていなかったから、かえって良かったのでしょう。こんなにたくさんの品種が咲き誇っているとは知りませんでした。
 たまたま通り抜けの初日でした。帰宅してから夕刊の記事を読みました。
 今回の桜は、横一列の3枚組です。左端が品種をあらわす札です。

【写真は、2009年(平成21年)4月15日に、大阪市北区内で撮影。】

≪画像をクリックしてください。大きくて鮮明な画像になります。≫Cimg0884 Cimg0885 Cimg0886 Cimg0887 Cimg0909 Cimg0888 Cimg0917 Cimg0918 Cimg0919

| | コメント (0)

2009年4月27日 (月)

写真特集・さくら(60)

大阪の造幣局①

 関西の桜の最後は大阪・造幣局の通り抜けです。造幣局のホームページには次の記述があります。
 「毎年4月中旬頃の桜の開花時には、造幣局構内旧淀川沿いの全長560mの通路を一 般花見客のために1週間開放しています。
  現在構内にある桜は、関山、普賢象、松月、紅手毬、芝山、楊貴妃など約120品種、 約350本を数えていますが、大半は遅咲きの八重桜で、満開時の美しさはたとえようもなく、明治16年に開始した『通り抜け』も昭和58年春には100年を迎え、今では浪速の春を飾る風物詩として、人々に愛されています。」

 今日の写真は、最初の1枚を除くと、あとは2枚ずつがペアになっています。(写真は1段目に3枚で、2段目、3段目へと続きます。)前が品種をあらわす札、後ろがその品種の花です。

【写真は、2009年(平成21年)4月15日に、大阪市北区内で撮影。】

≪画像をクリックしてください。大きくて鮮明な画像になります。≫Cimg0873 Cimg0874  Cimg0875
Cimg0876Cimg0877 Cimg0878 Cimg0879 Cimg0880 Cimg0881

| | コメント (0)

2009年4月26日 (日)

写真特集・さくら(59)

明石公園・剛ノ池②

 毎年繰り返される風景とはいえ、明石公園・剛ノ池の周りの伸びやかで、のどかな風景を見ていると、いつまでも過ぎ去ってほしくないという気持ちにさせられます。
 この日、剛ノ池からちょっと離れた芝生の一帯では「あかしスタジアムマルシェ」という催しが開かれていました。

【写真は、2009年(平成21年)4月11日に、兵庫県明石市内で撮影。】

≪画像をクリックしてください。大きくて鮮明な画像になります。≫Cimg0708 Cimg0713 Cimg0705 Cimg0704 Cimg0701 Cimg0697 Cimg0707 Cimg0668 Cimg0746

| | コメント (0)

2009年4月25日 (土)

写真特集・さくら(58)

明石公園・剛ノ池①

 明石公園は、明石城跡を中心とした都会のオアシスです。「日本の都市公園100選」や「さくら名所100選」に選ばれています。1883年(明治16年)に明石郡内の有志によって公園として開園されましたが、皇室御料地に編入されるような曲折もありました。そして、1918年(大正7年)に兵庫県立の公園になりました。広大な公園内には丘、芝生地、池、堀などがあって、自然に恵まれています。
 明石城跡の北西側に剛ノ池があって、周囲は桜に彩られています。

【写真は、2009年(平成21年)4月11日に、兵庫県明石市内で撮影。】

≪画像をクリックしてください。大きくて鮮明な画像になります。≫Cimg0684 Cimg0687 Cimg0688 Cimg0689 Cimg0690 Cimg0693 Cimg0695 Cimg0696 Cimg0698

| | コメント (0)

2009年4月24日 (金)

写真特集・さくら(57)

  長浜の豊公園③

 お城と桜との取り合わせの写真と、桜のアップ写真などを集めてみました。最後の1枚は、街の中で見かけたものです。
 
 ★この記事が、2006年8月にブログを始めてからちょうど1000個の記事にあたります。塵も積もれば山となるの喩えどおりに、いろんな記事を書いてきた結果です。

【写真は、2009年(平成21年)4月9日に、滋賀県長浜市内で撮影。】

≪画像をクリックしてください。大きくて鮮明な画像になります。≫
Cimg0543Cimg0539Cimg0505 Cimg0523 Cimg0535 Cimg0534 Photo Cimg0511 Cimg0588

| | コメント (0)

2009年4月23日 (木)

写真特集・さくら(56)

長浜の豊公園②

 琵琶湖の岸に沿って桜が咲いています。青空の下で、多くの人が、伸びやかな時間を過ごしています。大型客船が湖水をすべるように動いています。近江の湖(うみ)は、まさに海だと思ってしまうような風景です。

【写真は、2009年(平成21年)4月9日に、滋賀県長浜市内で撮影。】

≪画像をクリックしてください。大きくて鮮明な画像になります。≫Cimg0510 Cimg0508 Cimg0512 Cimg0514 Cimg0515 Cimg0517 Cimg0527 Cimg0528 Cimg0536

| | コメント (0)

2009年4月22日 (水)

写真特集・さくら(55)

長浜の豊公園①

 長浜の豊公園は、眼前に琵琶湖が広がるところにあります。長浜城の膝元にあって、さくら名所100選のひとつです。
 豊公園は、1909年(明治42年)に長浜城天守閣跡を中心に整備された公園だそうで、ちょうど100年の歴史があります。長浜城主だった豊太閤・豊臣秀吉にちなんで豊公園と名づけられたそうです。

【写真は、2009年(平成21年)4月9日に、滋賀県長浜市内で撮影。】

≪画像をクリックしてください。大きくて鮮明な画像になります。≫Cimg0552 Cimg0550 Cimg0544 Cimg0496 Cimg0497 Cimg0498 Cimg0502 Cimg0503 Cimg0504

| | コメント (0)

2009年4月21日 (火)

写真特集・さくら(54)

彦根城のまわりを一周④

 堀に沿って、ぐるりと一周してきました。彦根城は、堀の向こうに端正な姿を見せ続けていました。
 ご城下巡回バスという、レトロなボンネットバスに出会いました。

【写真は、2009年(平成21年)4月9日に、滋賀県彦根市内で撮影。】

≪画像をクリックしてください。大きくて鮮明な画像になります。≫Cimg0436 Cimg0437 Cimg0440 Cimg0441 Cimg0443 Cimg0445 Cimg0447 Cimg0454 Cimg0467

| | コメント (0)

2009年4月20日 (月)

写真特集・さくら(53)

彦根城のまわりを一周③

 彦根城の後ろ側にまわります。お堀に沿った道が途切れて、ちょっと迂回します。そのうちに滋賀大学経済学部の敷地になるので、これも避けてぐるりとまわると、都市景観形成重点地区になります。左に折れて歩くと、再び堀に沿った道になります。見上げるとハングライダーで漫遊している人がいました。

【写真は、2009年(平成21年)4月9日に、滋賀県彦根市内で撮影。】

≪画像をクリックしてください。大きくて鮮明な画像になります。≫Cimg0413 Cimg0418 Cimg0420 Cimg0419 Cimg0421 Cimg0424 Cimg0428 Cimg0431 Cimg0451

| | コメント (0)

2009年4月19日 (日)

写真特集・さくら(52)

彦根城のまわりを一周②

 桜まつりのさなかの彦根では、ご城下にぎわい市も開かれていました。観光自転車がありました。「花の生涯」の記念碑もありました。
 大勢の観光客であふれていました。お堀に沿って反・時計回りに歩いてみました。

【写真は、2009年(平成21年)4月9日に、滋賀県彦根市内で撮影。】

≪画像をクリックしてください。大きくて鮮明な画像になります。≫Cimg0393 Cimg0390 Cimg0395 Cimg0398 Cimg0399 Cimg0400 Cimg0401 Cimg0407 Cimg0412

| | コメント (0)

2009年4月18日 (土)

写真特集・さくら(51)

彦根城のまわりを一周①

 天下の名城の一つに数えられる彦根城は、国指定の特別史跡で、桜の名所でもあります。城を中心に約1200本の桜が咲き誇っていました。彦根城、滋賀大学のあたりをぐるりと一周してみました。
 シンボルキャラクターのひこにゃんが、あちこちに出没していました。井伊直孝公をお寺の門前で手招きして雷雨から救ったと伝えられる招き猫と、井伊軍団のシンボルである赤備えの兜から生まれた人気者です。

【写真は、2009年(平成21年)4月9日に、滋賀県彦根市内で撮影。】

≪画像をクリックしてください。大きくて鮮明な画像になります。≫Cimg0368 Cimg0376 Cimg0378 Cimg0379 Cimg0381 Cimg0383 Cimg0385 Cimg0388 Cimg0389

| | コメント (0)

2009年4月17日 (金)

写真特集・さくら(50)

芦屋川に沿って

 芦屋川の両岸に咲く桜です。阪急・芦屋川駅のホームが額縁のようになって、桜が広がります。駅の上流も下流も、満開に彩られています。
 桜を背にして川で水とたわむれている人もいました。都会の中の贅沢です。

【写真は、2009年(平成21年)4月8日に、兵庫県芦屋市内で撮影。】

≪画像をクリックしてください。大きくて鮮明な画像になります。≫Cimg0315 Cimg0313 Cimg0317 Cimg0319 Cimg0337 Cimg0339 Cimg0343 Cimg0338 Cimg0344

| | コメント (0)

2009年4月16日 (木)

写真特集・さくら(49)

「細雪」記念碑の枝垂れ桜

 芦屋川の河畔に、谷崎潤一郎の生誕100年を記念して、1986年(昭和61年)に作られた「細雪」の石碑があります。碑となった花崗岩は芦屋川から運んだもので、「細雪」の文字は谷崎松子夫人の筆跡です。裏面に、「細雪」に描かれている1938年(昭和13年)の阪神大水害による芦屋川の氾濫の様子が刻まれています。この碑のすぐ近くの道路脇に「阪神大水害 芦屋川決壊の地」の石柱があります。
 「細雪」の碑のそばに「しおみ桜」が植えられています。枝垂れの桜が咲いて、記念碑に寄り添っているように見えます。
 桜といえば、芦屋は在原業平とのゆかりもあって、「細雪」碑の横を南北に走る道を「業平さくら通り」と名付けています。

【写真は、2009年(平成21年)4月8日に、兵庫県芦屋市内で撮影。】

≪画像をクリックしてください。大きくて鮮明な画像になります。≫Cimg0326 Cimg0327 Cimg0329 Cimg0330 Cimg0328 Cimg0332 Cimg0333 Cimg0334 Cimg0335

| | コメント (0)

2009年4月15日 (水)

写真特集・さくら(48)

夙川に沿った桜②

 桜自慢の夙川には、桜についての看板などもあちこちにあります。阪急電車も「さくら」のヘッドマークを付けています。夙川駅は桜のまっただ中にありますから、ホームも桜見物の一等席みたいなものです。桜の陰を歩く人はみんな美しく見えます。

【写真は、2009年(平成21年)4月8日に、兵庫県西宮市内で撮影。】

≪画像をクリックしてください。大きくて鮮明な画像になります。≫Cimg0306 Cimg0307 Cimg0308 Cimg0309 Cimg0311 Cimg0298 Cimg0299 Cimg0305 Cimg0300

| | コメント (0)

2009年4月14日 (火)

写真特集・さくら(47)

夙川に沿った桜①

 西宮市の夙川に沿ったところ(夙川公園)は桜100選の一つです。阪急電鉄甲陽線・苦楽園口駅の辺りから(もっと上流にも桜の木々はあるのですが)、阪急神戸線・夙川駅を経て、JR神戸線・さくら夙川駅の少し西を通って、阪神電鉄本線・香枦園駅の辺りまで、夙川の両岸には桜が続いています。満開の頃の人出は たいへんなものです。川岸はもちろん、川の中にも人がいっぱいです。

【写真は、2009年(平成21年)4月8日に、兵庫県西宮市内で撮影。】

≪画像をクリックしてください。大きくて鮮明な画像になります。≫

Cimg0279Cimg0276Cimg0278 Cimg0280 Cimg0282

Cimg0285Cimg0286 Cimg0291 Cimg0296

| | コメント (0)

2009年4月13日 (月)

写真特集・さくら(46)

明石・江井ヶ島の桜

 道端の桜、集落の桜風景です。明石市大久保町の江井ヶ島地区。江戸時代から酒造りが盛んであったところ、もともとは半農半漁のような地域です。
 はじめの3枚は、赤根川の河畔にある小さな公園の桜です。続いて、通りかかった小学校はちょうど入学式の日のようでした。入学式には桜が似合います。桜がなくては寂しいのです。最後の1枚は、川を埋めた菜の花の黄色です。

【写真は、2009年(平成21年)4月8日に、兵庫県明石市内で撮影。】

≪画像をクリックしてください。大きくて鮮明な画像になります。≫Cimg0256 Cimg0258 Cimg0259 Cimg0263 Cimg0261 Cimg0262 Cimg0265 Cimg0266 Cimg0267

| | コメント (0)

2009年4月12日 (日)

写真特集・さくら(45)

市境にある日笠山公園

 日笠山公園は小高い位置にあって見晴らしのよいところです。高砂市の水道部の施設も設けられていますが、西の方は姫路市域に入っています。東北方向には石の宝殿などが見えます。南の方は臨海工業地帯になっていますが、沖合には家島群島の一つの上島(ホーラク島)が浮かんでいます。西方向の足もとには姫路市の大塩・的形地域などが広がっています。日笠山は兵庫県花の「のじぎく」の群生地としても知られています。
 日没が近づいた時刻の桜の写真です。

【写真は、2009年(平成21年)4月6日に、兵庫県高砂市・姫路市内で撮影。】

≪画像をクリックしてください。大きくて鮮明な画像になります。≫Cimg0191 Cimg0193 Cimg0198 Cimg0203 Cimg0210 Cimg0200 Cimg0204 Cimg0216 Cimg0195

| | コメント (0)

2009年4月11日 (土)

写真特集・さくら(44)

鹿島川沿いの桜

 山陽電鉄の曽根駅から西に向かって数分。小さな川に出会いますが、それが鹿島川です。頭の上には高圧電線が走っていて、川をまたいで鉄塔が何本も立ち並んでいますが、それさえ気にしなければ、ここは桜を楽しめます。たぶん、鉄塔の無粋さを緩和するために桜並木が作られたのでしょう。ここは近年に知られるようになった花の名所です。

【写真は、2009年(平成21年)4月6日に、兵庫県高砂市内で撮影。】

≪画像をクリックしてください。大きくて鮮明な画像になります。≫Cimg0157 Cimg0171 Cimg0168 Cimg0170 Cimg0176 Cimg0180 Cimg0184 Cimg0177 Cimg0181

| | コメント (0)

2009年4月10日 (金)

写真特集・さくら(43)

妙法寺川沿いの桜

 神戸の須磨区、山陽電鉄の板宿駅のすこし西を流れる妙法寺川は、川沿いに桜が植えられていて、地元の名所になっています。
 4月2日に行ったのですが、満開にはちょっと早い時期でした。

【写真は、2009年(平成21年)4月2日に、神戸市須磨区内で撮影。】

≪画像をクリックしてください。大きくて鮮明な画像になります。≫

Cimg9925 Cimg9924 Cimg9923 Cimg9919 Cimg9920 Cimg9922 Cimg9927 Cimg9926 Cimg9917

| | コメント (0)

2009年4月 9日 (木)

写真特集・さくら(42)

保久良神社のシダレザクラ②

 今回の写真は、保久良神社の境内ではなく、山を登った沿道に咲いていた桜です。中には、まだ花が開いていない木もありました。山桜で、葉がしげりつつある木もありました。
 後ろの3枚は桜とは関係ありません。保久良神社のちょっと奥に、梅の木がたくさん植えられている一画(保久良梅林)がありますが、そこで猪に出会いました。おとなしく草を食べていました。

【写真は、2009年(平成21年)4月3日に、神戸市東灘区内で撮影。】

≪画像をクリックしてください。大きくて鮮明な画像になります。≫Cimg9993 Cimg9996 Cimg9997 Cimg0020 Cimg0031 Cimg0034 Cimg0015 Cimg0018 Cimg0017

| | コメント (0)

2009年4月 8日 (水)

写真特集・さくら(41)

保久良神社のシダレザクラ①

 梅で知られる保久良神社は、桜も美しいところ……。4月1日の神戸新聞の記事(1枚目の写真)を見て、さっそく行ってみました。拝殿前に2本のシダレザクラが美を競っていました。記事に偽りはありませんでした。
 ゆっくりと枝を仰いで、花に見入っていると、通りがかりの人が教えてくれました。「みんなは桜だといっているが、本当はアンズなんですよ。」
 ほら、そこに名札が……と教えられたところに「アンズ バラ科」(9枚目の写真)という文字が書いてありました。

【2枚目以降の写真は、2009年(平成21年)4月3日に、神戸市東灘区内で撮影。】

≪画像をクリックしてください。大きくて鮮明な画像になります。≫Cimg0074 Cimg9981 Cimg9999      

Cimg0024Cimg0002Cimg0004Cimg0001Cimg0007Cimg0006_2

| | コメント (0)

2009年4月 7日 (火)

写真特集・さくら(40)

中尾親水公園の若い桜

 明石市魚住町の中尾親水公園は、比較的新しい公園です。近くには明石市立西部図書館・明石市立西部文化会館もあって静かな一画です。一瞬の轟音はすぐそばを走る山陽新幹線です。
 若い木々ですが、爽やかな花風景が展開しています。

【写真は、2009年(平成21年)4月5日に、兵庫県明石市内で撮影。】

≪画像をクリックしてください。大きくて鮮明な画像になります。≫Cimg0089 Cimg0082 Cimg0085 Cimg0087 Cimg0092 Cimg0093 Cimg0094 Cimg0081 Cimg0084

| | コメント (0)

2009年4月 6日 (月)

写真特集・さくら(39)

桜守の岡本南公園⑤

 岡本南公園の最終回です。ヤマザクラとオカモトザクラ。7枚目は、園内のささやかな花筏です。そして、8枚目と9枚目は、最寄りの阪急・岡本駅の上りホーム横の桜です。阪急の沿線には桜並木になっているところがあって、しばらくすると、花吹雪の中を電車が走り抜けるような風景も見られます。

【7枚目までの写真は、2009年(平成21年)4月1日に、8・9枚目の写真は、2009年(平成21年)4月4日に、神戸市東灘区内で撮影。】

≪画像をクリックしてください。大きくて鮮明な画像になります。≫Cimg9757 Cimg9758 Cimg9769 Cimg9770 Cimg9771 Cimg9773 Cimg9756 Cimg0062 Cimg0069

| | コメント (0)

2009年4月 5日 (日)

写真特集・さくら(38)

桜守の岡本南公園④

 岡本南公園の桜。今回は、イトザクラ(シダレザクラ)、ヤエベニシダレ、カスミザクラ3種を掲載します。ソメイヨシノが一斉に咲いているのは見事ですが、いろんな品種の花を見るのも楽しいものです。

【写真は、2009年(平成21年)4月1日に、神戸市東灘区内で撮影。】

≪画像をクリックしてください。大きくて鮮明な画像になります。≫Cimg9761 Cimg9768 Cimg9763 Cimg9794 Cimg9798 Cimg9797 Cimg9782 Cimg9783 Cimg9785

| | コメント (0)

2009年4月 4日 (土)

写真特集・さくら(37)

桜守の岡本南公園③

 岡本南公園は邸宅跡ですから、こぢんまりした公園です。けれども、いろいろな品種の桜が植えられていて、変化に富んでいます。エドヒガン(荘川桜)、エドヒガン(照蓮寺桜)、オオシマザクラの3種を掲載します。

【写真は、2009年(平成21年)4月1日に、神戸市東灘区内で撮影。】

≪画像をクリックしてください。大きくて鮮明な画像になります。≫Cimg9776 Cimg9777 Cimg9779 Cimg9752 Cimg9754 Cimg9755 Cimg9788 Cimg9789 Cimg9791

| | コメント (0)

2009年4月 3日 (金)

写真特集・さくら(36)

桜守の岡本南公園②

 ササベザクラ(笹部桜)は、笹部新太郎さんの邸宅の庭に芽生えた実生の桜だそうです。カスミザクラとサトザクラ類との交雑種と推定されているようです。阪神淡路大震災の後、岡本南公園にあった原木は枯れたようで、今は、西宮市の久野氏が育成した木が育っているようです。
 岡本南公園のササベザクラの写真を6枚、掲載します。

【写真は、2009年(平成21年)4月1日に、神戸市東灘区内で撮影。】

≪画像をクリックしてください。大きくて鮮明な画像になります。≫Cimg9746 Cimg9747 Cimg9748 Cimg9749 Cimg9750 Cimg9751

| | コメント (0)

2009年4月 2日 (木)

写真特集・さくら(35)

桜守の岡本南公園①

 われ亡くて山べのさくら咲きにけり   森澄雄

 神戸市東灘区の岡本南公園は、桜守公園とも呼ばれています。この公園は、水上勉の小説『桜守』の舞台となった笹部新太郎さんの屋敷跡です。生前「自分が死んだ後、家は壊してもこの桜だけは残してほしい」と言っていた笹部翁の遺志を受けて、神戸市によって買い上げられた笹部邸は、1981年(昭和56年)に公園となりました。
 『桜守』は庭師の弥吉という主人公を通して笹部新太郎の桜に寄せる情熱を描いた小説です。荘川桜の移植などの物語も散りばめられています。

【写真は、2009年(平成21年)4月1日に、神戸市東灘区内で撮影。】

≪画像をクリックしてください。大きくて鮮明な画像になります。≫Cimg9793  Cimg9742 Cimg9743 Cimg9745 Cimg9781
Cimg9800_2Cimg9799 Cimg9775 Cimg9792

| | コメント (0)

2009年4月 1日 (水)

写真特集・さくら(34)

海辺の明石海浜公園

 年度が改まって、4月になりました。桜花の季節です。入学式は桜の下で行われるというのが風物詩としての定番であり、それまでに満開が過ぎてしまうとがっかりします。
 今年は開花が早いという予想でしたが、関西では3月中・下旬に気温の低い日々が続きました。もちろん開花宣言はとっくに出ているのですが、満開までには少し時間がかかりそうです。大学の入学式は4月1日など早い時期であり、小学校・中学校・高等学校などは8日前後です。関西の桜は、今年は8日前後に満開を迎えるところが多いのではないでしょうか。
 桜の写真を、しばらくの間、続けることにしたいと思います。
         ◆      ◆     ◆
 明石市の西端にある明石海浜公園は海辺の公園です。満開になっている木は少なくて、まだ蕾のままの木も多く、桜のトンネルが出来上がるまでには日数が必要です。
 それでも、満開の枝には鳥が来て楽しんでいるように見えました。

【写真は、2009年(平成21年)3月31日に、兵庫県明石市内で撮影。】

≪画像をクリックしてください。大きくて鮮明な画像になります。≫Cimg9679 Cimg9680 Cimg9681 Cimg9682 Cimg9686 Cimg9687 Cimg9692 Cimg9694 Cimg9696

| | コメント (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »