« 言葉カメラ(355) 【多忙につき】 | トップページ | 言葉カメラ(357) 【旧海岸通り】 »

2009年7月28日 (火)

言葉カメラ(356) 【旧国一】

誇り高き道

 狭かった旧道にバイパスなどが作られて、車の流れがスムーズになるというのは喜ばしいことでしょうが、元の道が寂れるということも起こり得ます。新参者にお株を奪われることもあります。
 それをくい止める手だてはいろいろあるのでしょうが、かつての国道一号線が通っていたところだということを主張する「旧国一通り」という名前には、誇らしさが感じられるではありませんか。

【写真は、2009年(平成21年)3月21日に、静岡県沼津市内で撮影。】

≪画像をクリックしてください。大きくて鮮明な画像になります。≫Cimg9254

|

« 言葉カメラ(355) 【多忙につき】 | トップページ | 言葉カメラ(357) 【旧海岸通り】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 言葉カメラ(355) 【多忙につき】 | トップページ | 言葉カメラ(357) 【旧海岸通り】 »