« 言葉カメラ(357) 【旧海岸通り】 | トップページ | 言葉カメラ(359) 【東海道北品川】 »

2009年7月30日 (木)

言葉カメラ(358) 【西国街道】

旧称をそのまま使う

 国道一号線の経路が変わったり、海岸通りという名称をそのまま使えない事情がある場合は「旧」という文字を冠する必要があるのでしょう。
 けれども、旧称が旧称として完結している場合、すなわち、今その名称を使うことに支障がない場合は、使い続けてもよいでしょう。
 「西国街道」は、関西ではかつての幹線道路です。一説によれば、奈良時代の昔から、奈良・京都から西国に向かう街道だったとも言われています。それほど古い道ですから、時代によってルートが変わったりすることもあったでしょう。現在は、旧街道に並行するように国道171号線が京都~西宮間を結んでいます。(それを西国街道と言う人もいます。)
 古来の道のルートであった一部を「西国街道」と称しても、異論が出ないということなのだろうと思います。

【写真は、2002年(平成14年)1月14日に、京都府向日市内で撮影。】

≪画像をクリックしてください。大きくて鮮明な画像になります。≫P1140026

|

« 言葉カメラ(357) 【旧海岸通り】 | トップページ | 言葉カメラ(359) 【東海道北品川】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 言葉カメラ(357) 【旧海岸通り】 | トップページ | 言葉カメラ(359) 【東海道北品川】 »