« 消えたもの惜別(1)【阪神電鉄・西宮東口駅】 | トップページ | 消えたもの惜別(3)【江井ヶ島海水浴場】 »

2009年9月 2日 (水)

消えたもの惜別(2)【舞子タワー】

舞子タワー

 明石海峡大橋の本土側に、世界最大の吊り橋の建設工事を見学するために回転昇降式の展望塔があって、舞子タワーと名付けられていました。1992年(平成4年)に神戸市都市整備公社が建設したものですが、埋立地を所有する本州四国連絡橋公団と、兵庫県、神戸市の協議によって建設が決まり、橋が完成した後には撤去する方針でした。
 橋の工事が進むにつれて客足が伸びたようですが、1997年(平成9年)12月に一旦、営業を終えました。1998年(平成10年)4月に明石海峡大橋が開通してリニューアルオープンしましたが、2002年(平成14年)3月末に閉鎖して、その年の6月に撤去しています。
 私事を書きますと、1995年(平成7年)4月からの3年間は、勤務先が舞子公園に近いところにありました。1999年(平成11年)4月からの2年間は淡路の洲本に勤務地があって、明石海峡大橋を高速バスで朝夕2回、通りました。
 そのような見慣れた風景でしたが、舞子タワーに昇ったことはありません。

【1枚目の写真は、2000年(平成12年)4月21日に、神戸市垂水区内で撮影。2枚目の写真は、2000年(平成12年)7月15日に、神戸市垂水区内で撮影。】

≪画像をクリックしてください。大きくて鮮明な画像になります。≫P4210117 P7150090

|

« 消えたもの惜別(1)【阪神電鉄・西宮東口駅】 | トップページ | 消えたもの惜別(3)【江井ヶ島海水浴場】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 消えたもの惜別(1)【阪神電鉄・西宮東口駅】 | トップページ | 消えたもの惜別(3)【江井ヶ島海水浴場】 »