« 文章の作成法(5) | トップページ | 文章の作成法(6) »

2012年7月 7日 (土)

明石日常生活語辞典〔最終稿〕(1048)

いきがあう【息が合う】《動詞・ワア行五段活用》 気持ちや調子が合う。「いきがおー・た・ おもろい・ 漫才・や・なー。」

いきかえり【行き帰り】《名詞》 往復。行きと帰り。「いきかえり・に・ よー・ 出会う・ 人・や・けど・ 名前・は・ まだ・ 知ら・ん・ねん。」

いきかえる【生き返る】《動詞・ラ行五段活用》 もとのように元気になる。「冷(ちめ)たい・ 水・ 飲ん・だら・ いきかえっ・た・よーな・ 気持ち・に・ なっ・た。」

いきがかり【行きがかり】《名詞》 やりかけた勢い。その場での成り行き。「いきがかり・で・ その・ 仕事・を・ 引き受け・ても・た。」

いきがきれる【息が切れる】《動詞・ラ行下一段活用》 ①動きすぎて、呼吸が乱れる。息をするのが苦しい。「急な・ 坂・で・ いきがきれ・た。」②力の限界に達する。やっていることが続かない。「一時間・も・ 本・を・ 読ん・だら・ いきがきれ・て・ 眠とー・ なっ・てまう。」〔⇒いき(を)きらす〕

いきがけ【行きがけ】《名詞》 ①行く途中。往路。「いきがけ・は・ 走っ・ていっ・た・けど・ 帰り・は・ 歩い・てき・た。」②行こうとするとき。「いきがけ・に・ 声・を・ かけ・て・ 誘ー・ておくれ・な。」〔⇒いきし、いきしな〕■類語=「いにがけ」「きがけ」「もどりがけ」「しにがけ」

いきかた【生き方】《名詞、動詞する》 生きていく姿勢。生活の仕方。「良(え)ー・ 歳・に・ なっ・た・ん・や・から・ のんびりし・た・ いきかた・を・ し・たら・ どない・や。」

いきかた【行き方】《名詞》 行くための方法。行くための経路。「駅・まで・の・ いきかた・ 教(おせ)・てんか。」

いきがつまる【息が詰まる】《動詞・ラ行五段活用》 ①呼吸が苦しくなる。「風邪・ ひー・て・ 喉・が・ 痛(いと)ー・て・ いきがつまる。」②非常に緊張する。「偉い・ 人・が・ ずらーっと・ 並(なろ)ん・どっ・て・や・さかい・ いきがつまっ・た。」

いきき【行き来】《名詞、動詞する》 行くことと来ること。行ったり来たりすること。「三宮・の・ 駅前・は・ 人・の・ いきき・が・ 多い。」

いきぎれ【息切れ】《動詞する、名詞》 呼吸が苦しくなって、はあはあと言うこと。「途中・で・ いきぎれし・ても・て・ 山・の・ てっぺん・まで・ 行か・れ・ず・や。」◆動詞として使うことが多い。

いきさき【行き先】《名詞》 行こうとする目的の場所。「旅行・の・ いきさき・ 決まっ・た・か。」

いきし【行きし】《名詞》 ①行く途中。往路。「いきし・の・ 電車・が・ 事故・で・ 遅れ・た。」②行こうとするとき。「いきし・に・ 鍵・を・ かける。」〔⇒いきしな、いきがけ〕■類語=「いにし」「きし」「もどりし」「しにし」

いきしな【行きしな】《名詞》 ①行く途中。往路。「いきしな・に・ ポスト・に・ 手紙・ 入れ・とい・てんか。」②行こうとするとき。「いきしな・に・ 火の元・を・ 確かめる。」〔⇒いきし、いきがけ〕■類語=「いにしな」「きしな」「もどりしな」「しにしな」

いきすぎ【行き過ぎ】《名詞》 ①止まるべき所を通り過ぎてから止まること。「いきすぎ・の・ 長さ・を・ 測る。」②度を越していること。「こんな・ もん・に・ 五万円・も・ 出す・や・なんて・ ちょっと・ いきすぎ・でっ・せ。」

いきすぎる【行き過ぎる】《動詞・ガ行上一段活用》 ①止まるべき所を通り過ぎてから止まる。「電車・が・ 駅・を・ いきすぎ・た。」②通っていってしまう。「郵便局・が・ ある・のに・ 気・が・ つか・んと・ いきすぎ・ても・た。」③度を越す。「お前・の・ 言(ゆ)ー・た・ 言葉・は・ ちょっと・ いきすぎ・とっ・た・ぞ。」

いきする【息する】《動詞・サ行変格活用》 呼吸する。「気絶し・とる・だけ・や。いきし・とる・さかい・ べっちょない。」

いきちがい【行き違い】《名詞》 ①出会ってもよい状況であったのに、たどった道筋などが異なって出会えないで終わること。滞在時間などが異なって会えないで終わること。「あんたとこ・へ・ 行っ・た・ん・や・けど・ いきちがい・で・ おっ・てや・なかっ・た・なー。」②考えなどが一致しないこと。指示などが徹底しないこと。「話・に・ いきちがい・が・ あっ・て・ この・ 商売〔=商談〕・は・ あか・ん・よーに・ なっ・ても・た。」

|

« 文章の作成法(5) | トップページ | 文章の作成法(6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 文章の作成法(5) | トップページ | 文章の作成法(6) »