« 【書籍版】明石日常生活語辞典 (594)    (通算2592回) | トップページ | 【書籍版】明石日常生活語辞典 (596)    (通算2594回) »

2017年12月16日 (土)

【書籍版】明石日常生活語辞典 (595)    (通算2593回)

日常生活語 「れ」①

 

れい〔れー〕【礼】《名詞、動詞する》 ①感謝の気持ちをあらわすためにおくる、言葉や金品。「世話・に・ なっ・た・ れー・を・ 言()ー。」②敬意を表したり、人間関係を円滑にしたりするために、頭を下げること。「頭・を・ さげ・て・ 軽く・ れー・を・ する。」⇒おじぎ【お辞儀】

れい〔れー〕【例】《名詞》 同じようなものごとの中から、そのよりどころや代表的な見本として、特に取り上げて示すことがら。「何・か・ れー・を・ 書い・てくれ・たら・ わかりやすい・ん・や・けど。」

れい〔れー〕【霊】《名詞》 ①死んだ人の魂。「お盆・に・ 先祖・の・ れー・が・ 戻っ・てくる。」②目に見えず、想像を超えた不思議な力を持っているもの。「れー・に・ とりつか・れる。」

れい〔れー〕【零】《名詞》 ①数がまったくないこと。正でも負でもない数字。「寒暖計・が・ れー・まで・ 下がっ・た。」「数学・の・ 試験・は・ 難しー・て・ れー点・やっ・た。」②能力などがまったくないこと。「人・から・の・ 信用・は・ れー・や。」〔⇒ぜろ【英語=zero

れいか〔れーか〕【零下】《名詞》 温度計の示す値がセ氏零度よりも低いこと。また、その割合や数値。「れーか3度・に・ なっ・た。」

れいがい〔れーがい〕【例外】《名詞》 いつものやり方などから外れていること。一般的な基準や原則から外れていること。「世の中・に・は・ れーがい・も・ ある・わい・なー。」

れいぎ〔れーぎ〕【礼儀】《名詞》 社会生活をしていく上で、人に対して失礼にならないようにする作法や、その具体的なしぐさ。「れーぎ・ 正しい・ 人・や。」

れいきゅうしゃ〔れーきゅーしゃ〕【霊柩車】《名詞》 遺体を収めた棺を運ぶ自動車。「真っ黒・の・ れーきゅーしゃ」

れいじょう〔れーじょー〕【礼状】《名詞》 感謝の気持ちを伝える手紙。「早め・に・ れーじょー・を・ 書い・とけ・よ。」

れいぞうこ〔れーぞーこ〕【冷蔵庫】《名詞》 ①食べ物を低い温度で保存するために、中を冷たくしてある箱形の入れ物。「昔・は・ 氷・で・ 冷やす・ れーぞーこ・を 使(つこ)・とっ・た。」②氷を入れて冷やすものに代わって登場した、電気の力を用いて食品などを冷やして貯蔵する入れ物。「停電・で・ れーぞーこ・の・ 中・の・ もん・が・ 傷ん・だ。」⇒でんきれいぞうこ【電気冷蔵庫】

れいど〔れーど〕【零度】《名詞》 セ氏温度計では水が凍る温度で、温度を測るときの起点となる位置。「今朝・は・ ごっつい・ 冷え・て・ れーど・より・ 下・に・ なっ・た。」

れいとう〔れーとー〕【冷凍】《名詞、動詞する》 保存するために食べ物などを凍らせること。また、凍らせたもの。「買()ー・てき・た・ 魚・を・ れーとー・に・ する。」

れいねん〔れーねん〕【例年】《名詞》 毎年そのようにすると決まっているものごとの、いつもの年。自然現象などの傾向としてそのようになっていることがらの、いつもの年。「秋・の・ 祭り・は・ れーねん・ 10月・の・ 最後・の・ 土曜・と・ 日曜・や・ねん。」「れーねん・ 台風・は・ 2回・ぐらい・ やっ・てくる。」

れいふく〔れーふく〕【礼服】《名詞》 冠婚葬祭などの儀式のときに着る服。「今晩・ お通夜・が・ でけ・た・さかい・ れーふく・を・ 出し・てんか。」

れいぼう〔れーぼー〕【冷房】《名詞、動詞する》 電気の力などによって、室内や車内などの温度を外より下げて、涼しくすること。また、そのための装置。「れーぼーの・ つい・た・ 電車」■対語=「だんぼう【暖房】」〔⇒クーラー【英語=cooler

レース〔れーす〕【英語=lace】《名詞》 細い糸で透かし模様を作って編んだ布。「れーす・に・ なっ・とる・ 服」

レール〔れーる〕【英語=rail】《名詞》 ①電車や汽車を支えて進む方向などを定める鉄製の軌条。「れーる・の・ はた・で・ 遊ん・だら・ 危ない・ぞ。」②引き戸やカーテンの開閉のために取り付けた棒状のもの。「れーる・に・ 油・を・ 塗っ・て・ 滑りやすい・よーに・ する。」⇒せんろ【線路】

れきし【歴史】《名詞》 人間の社会やいろいろな物事の、昔から今までの移り変わりの有り様。また、それを書き記したもの。「学校・で・ 日本・の・ れきし・を・ 勉強する。」「れきし・の・ ある・ 学校」◆特に、長い期間にわたるものを指して言うことがある。

レコード〔れこーど〕【英語=record】《名詞》 音楽などが録音されている溝のある円盤。「れこーど・を・ かける。」

レスリング〔れすりんぐ〕【英語=wrestling】《名詞》 ①二人の競技者がマット上で組み合って、相手の両肩をマットに押さえつけることによって勝敗を決める格闘技。「日本・は・ れすりんぐ・に・ 強い。」②興業として行われる、大衆娯楽としての格闘技。「街頭テレビ・で・ レスリング・を・ 見・た。」⇒プロレス【英語=professinal wrestling

れつ【列】《名詞》 順に長く並んだもの。「れつ・に・ 割り込ま・ない・よーに・ し・てください。」

れっしゃ【列車】《名詞》 鉄道線路を走らせるために、機関車・客車・貨車・電車などをつないで編成したもの。「貨物・の・ れっしゃ・が・ 50台・も・ つない・で・ 走っ・とる。」

|

« 【書籍版】明石日常生活語辞典 (594)    (通算2592回) | トップページ | 【書籍版】明石日常生活語辞典 (596)    (通算2594回) »