« 奥の細道を読む・歩く(238) | トップページ | 奥の細道を読む・歩く(240) »

2018年1月23日 (火)

奥の細道を読む・歩く(239)

汐越の松に向かって歩く

 

 「越前の境、吉崎の入江を舟に棹して、汐越の松を尋ぬ。

    終夜嵐に波をはこばせて

     月をたれたる汐越の松   西行

 此一首にて数景尽きたり。もし、一弁を加るものは、無用の指を立るがごとし。}

 

 大聖寺の駅前からバスに揺られて汐越の松を尋ねます。吉崎というバス停で降りて、そのまま松林のある方向に向かって歩き始めましたが、どうも様子が違うなぁと思い始めました。汐越の松は、芦原ゴルフクラブの場内にありますので、予め電話で依頼をしています。方向が怪しくなって、電話でクラブに確かめると、やはり方向が違っており、しかも、かなり離れていることがわかりました。乗り継ぐようなバス路線はありませんから、歩きます。

 芭蕉は「越前の境、吉崎の入江を舟に棹して、汐越の松を尋ぬ。」と書いていますが、そのような優雅な舟もありません。バスを降りたところは石川県ですが、少し引き返してから、福井県境を通り、蓮如上人の吉崎御坊の建物などが集まっているところを通り過ぎます。しばらく行くと北潟湖が広がり、小さな浜坂漁港を過ぎます。この湖が「吉崎の入江」です。

 上り道にかかるところに石の道標があって「おくのほそ道 汐越の松碑 ここから右、九〇〇メートル」と書いてあります。汗をかきながら上っていくと、やっとゴルフクラブの入り口に着きます。

 さて、西行の歌ですが、嵐が一晩中吹いて汐越の松に波が打ちかかる、その水が松の枝から滴り落ちるところへ月の光が射すと、まるで月が松の枝から垂れ下がったように見える、という情景です。

 ゴルフ場で来意を告げると快く案内をしてくださいます。けれども、海は見えませんから、更に少し離れたところまで歩かなければならないことを覚悟します。

|

« 奥の細道を読む・歩く(238) | トップページ | 奥の細道を読む・歩く(240) »