« 地域の言葉について思うこと(2) | トップページ | 地域の言葉について思うこと(4) »

2018年6月23日 (土)

地域の言葉について思うこと(3)

発音も個性、語彙も個性

 

 ある新聞のコラムに次のような文章がありました。

 

 東北地方の温泉宿に泊まった夫婦が散歩に出た。玄関で番頭が「じいさん、ばあさん、お出かけ」と言った。夫婦は黙っていたが、帰った時、再び「じいさん、ばあさん、お帰り」と言ったので、さすがに注意した。「ひどいではないか」。番頭はそんな失礼なことは言わないと否定する。調べると夫婦の部屋番号が十三番。福島、宮城、山形あたりでは「じ」も「ず」も「じゅ」も同音になりやすく「十三番さん」と言っていたのだが、相手には「じいさん、ばあさん」と聞こえた。言語学者の金田一春彦さんが書いている。

 

 このコラムを読んで、思い出した文章があります。同じ金田一春彦さんに関わる話です。金田一さんが、どこかの食堂で食事をしていたら「金田一さん」と呼ばれました。あたりを見回しましたが知っている人はいないので不思議に思いました。しばらくすると、また「金田一さん」と呼ばれましたが、やっぱり知り合いはいません。そのうちに、その謎が解けたそうです。「金田一さん」という呼びかけに聞こえた言葉は、実は食堂の人が、注文を受けて、早口に「チキンライス、一丁」と伝えていた言葉であったというお話です。よく似た発音を、私たちは誤解して受け取ることがあります。

 七十年近く前に山形県鶴岡市で行われた調査では、猫のことを「ねご」と言うと答えた人が三十七%あったのに、最新の調査では三%に減ったのだそうです。ところが「鶴岡弁らしく発音してみせて」と言うと、今でも九割近い人が「ねご」と言うのだそうです。私たちは状況や相手によって共通語と方言を上手に使い分けているようです。

 方言はしだいに消えていくというのが通説です。福島原発事故の地元では、地域社会の人たちの避難先が多方面にわたり、方言の語彙で消滅する恐れがあるものがいくつもあるということを、東北大学の研究者が調査して、危惧しています。

 私たちの日常生活は方言の上に成り立っています。語彙は共通語と同じものをたくさん使っているでしょうが、音韻(発音)、文法、アクセントなどは、その地域がはぐくんできたものからは抜け出すことが難しいでしょう。それが、その地域の言葉の個性です。語彙も発音もアクセントも、共通語になびく必要はありません。文法ですら、共通語とは異なる特徴を備えていることもあるのです。

|

« 地域の言葉について思うこと(2) | トップページ | 地域の言葉について思うこと(4) »