« 言葉の移りゆき(116) | トップページ | 言葉の移りゆき(118) »

2018年8月16日 (木)

言葉の移りゆき(117)

内部で使うはずの「事案」という言葉

 

 8月15日に、「ひょうご防災ネット」からメールで、次のような文章が届きました。

 

 すでにテレビや新聞等で報道がされていますが、812日(日)に大阪府富田林警察署の留置施設から被留置者が逃亡する事案が発生しました。

 

 この件について、大阪府から兵庫県を通じて県内各市町村への注意喚起の協力依頼がありました。市民の皆様におかれましては、いつもにも増して、自宅等の戸締りを確実にしていただくとともに、不審な人物を見かけたら、すぐに110番通報をしていただきますようにお願いします。

 

 「事案」という言葉は、テレビ・ニュースなどで見る記者会見などで、これまでにも耳にした言葉です。けれども、なぜ「事件」でなく「事案」なのだろうと思います。「案」という文字が出てくることに違和感を感じていたのです。

 試みに小型国語辞典を見ると、『岩波国語辞典・第3版』『新明解国語辞典・第4版』『三省堂国語辞典・第3版』『現代国語例解辞典・第2版』『明鏡国語辞典』には出ていません。

 『広辞苑・第4版』には、次のように書かれています。

 

 (処理の対象とするしないにかかわりなく)問題になっている事柄そのもの。→案件

 

 ついでに「案件」を見ると、次のようにあります。

 

 処理されるべき事柄。議題とされる事案。「重要-を処理する」

 

 要するに、処理が終わっていないから「案」だと言うようです。事件が起きても、一定の処理が行われていない間は「案件」と言うのでしょう。

 この言葉は、組織の内部で使う言葉が、報道機関などを通じて一般社会に流れ出して、組織の側も一般向けに使ってもよい言葉だと考え始めたのかもしれません。

|

« 言葉の移りゆき(116) | トップページ | 言葉の移りゆき(118) »