« 言葉の移りゆき(183) | トップページ | 言葉の移りゆき(185) »

2018年10月22日 (月)

言葉の移りゆき(184)

便利な言葉「化学反応」

 

 気になっていた言葉を、また、目にしました。「化学反応」という言葉の、比喩的な使い方です。

 

 ドラマ「リーガルⅤ~元弁護士・小鳥遊翔子~」(木曜夜9時)のキャスティングを進める上で、実は、できるだけ今まで米倉涼子さんと共演したことのない出演者で固めようという方針があった。米倉さんとの化学反応で生まれる新しい何かを期待したのだ。 …(中略)

 そんな中、一人だけ今までに何度も米倉さんと共演している例外の俳優がいる。勝村政信さんだ。顔合わせで「僕なんかお守りもんですから」と謙遜していたが、現場に入ってその意味が分かった。数々の化学反応の中で、恐ろしいまでの安定感で潤滑油となり、このチームを完成させる存在。

 (朝日新聞・大阪本社発行、20181014日・朝刊、13版、12ページ、「撮影5分前」、大江達樹)

 

 「化学反応」とは、物質が化学変化によって、他の物質に変化することです。変化したことは目に見えますが、具体的に何と何とがどう関わって、どのように変化したのかは確かめられないことが多いと思います。

 人間関係は、1+1=2のような形にはなりません。もっと大きなものになったり、逆にしぼんでしまったりします。誰と誰の(あるいはもっと大勢の間の)、何と何とがどう反応したから、そのような結果がもたらされたのか、なかなか説明しにくいことがあります。このときに使われる言葉が「化学反応」です。

 この言葉は、説明できないことをうまく言い抜けるためにあるように感じていたのです。あるいは経過の説明を拒否して、結果だけを指し示すのには便利な言葉だと思っていたのです。

 記事の表現では、「化学反応で生まれる新しい何か」を求めたのでしょうが、その「何か」は曖昧なままです。「数々の化学反応の中で」勝村政信さんの存在感が示されたのでしょうが、それがどのようなものであるのかも具体的でありません。「化学反応」というのはなんとも便利な言葉です。

 なお、引用した文章は、論理の上で矛盾した結果を述べています。

 「米倉涼子さんと共演したことのない出演者で固めて……、米倉さんとの化学反応で生まれる新しい何かを期待したのだ。」と言いながら、結果的には、「(共演したことのある、唯一例外の)勝村政信さんが、……数々の化学反応の中で、恐ろしいまでの安定感で潤滑油となり、このチームを完成させる存在」になったというのですから。

|

« 言葉の移りゆき(183) | トップページ | 言葉の移りゆき(185) »