« 言葉の移りゆき(234) | トップページ | 言葉の移りゆき(236) »

2018年12月12日 (水)

言葉の移りゆき(235)

「枕詞」「形容詞」から「冠」へ

 

 例えば「世界のファッションの発信地、パリ」などと言う場合の、修飾語である部分「世界のファッションの発信地」を、「枕詞」とか「形容詞」と言うことがありました。前に置かれた言葉は「パリ」を称えて説明しているのですが、厳密な意味での枕詞でもありませんし、形容詞でもありません。

 枕詞は、後ろの言葉にかかっていくのですが、和歌に見られる修辞法で、5音の長さを基本としています。散文に使われて音数の制約もない言葉遣いを「枕詞」というのはふさわしくありません。

 形容詞は、品詞を表す言葉です。後ろの言葉にかかることはありますが、形容詞(性質・状態、感覚・感情などを表す言葉)でないものまでも「形容詞」と称するのは行き過ぎです。

 近頃は、そのことに気付いたからかどうか知りませんが、別の言い方を目にするようになりました。

 

 むのが、89歳になっていた2004年、退社を「失敗だった」と電話で告げた。「今まで『報道責任をとって辞めた』と冠付きで紹介されていい気になっていたが、こっぱずかしい」

 (朝日新聞・大阪本社発行、201810月2日・夕刊、3版、5ページ、「むのたけじ をたどって」、茂木克信・大塚晶)

 

 魚と野菜を扱うひとつの市場が「世界の築地」と冠をつけて呼ばれた不思議。人、物、情報……何が原動力となって人々をひきつけたのか、今後はどう受け継がれていくのか。

 (朝日新聞・大阪本社発行、20181118日・朝刊、10版、31ページ、伊藤恵里奈)

 

 枕詞とか形容詞とか言うよりは望ましいと思いますが、「冠」とは何と大袈裟なという気持ちがしないでもありません。最上級の褒め言葉のように思われるからです。

 「冠」でもなく、「枕詞」でも「形容詞」でもなく、ふさわしい言葉があるかと尋ねられたら、私は「修飾語」でよいと思っています。〈「報道責任をとって辞めた」という修飾語を付けて呼ばれる むのたけじ〉、〈「世界の(市場)」という修飾語を付けられた築地市場〉。それで良いではありませんか。

|

« 言葉の移りゆき(234) | トップページ | 言葉の移りゆき(236) »