« 言葉の移りゆき(398) | トップページ | 言葉の移りゆき(400) »

2019年5月25日 (土)

言葉の移りゆき(399)

東京人の文章

 新聞記者といえども、東京人は、東京以外の地域に住む人の心がわかっていないのではないか思うような文章に、ときどき出合います。
 これも、その一つです。途中に、デカルトの言葉「われ思う、ゆえにわれあり」が引用されていますから、「思うたい、だけん、あるばい」はそれを九州の言葉で言ったもののようです。それは理解できます。


 九州でわたしは、狩猟民として鹿や猪、鴨を追い、生活面の連載「アロハで猟師してみました」に報告してきた(22日が最終回予定)。たしかに山の中で命を取っていると、「思うたい、だけん、あるばい」と訳した方が、命の重さが伝わる。渋谷の109前、浮薄と喧騒の中でならでけえ声で「思うじゃんか、だから、あんじゃね?」。
 ちょっと違うかな。
 (朝日新聞・大阪本社発行、2019年4月19日・夕刊、3版、11ページ、「取材考記」、近藤康太郎)

 「思うじゃんか、だから、あんじゃね?」というのは、デカルトの言葉を東京の言葉で言ったのでしょうか。最後に疑問符が付いていますが、何を言っているのか、よくわかりません。東京語というのは難しい言葉のようです。
 その上、「渋谷の109前」というのは東京人には十分に理解できている言葉であっても、田舎の人間には理解できません。「でけえ声」という表現が新聞社の編集委員の口から出るのも、どうかなと思います。
 この記事の見出しは、「渋谷でわれは叫ぶ 思うじゃんか、だから、あんじゃね?」となっていますが、文章で表現しようとしたことの意図が理解できません。最後の「ちょっと違うかな。」という表現は、何に首をかしげているのでしょうか。私には理解できません。
 とにもかくにも、東京の人の使う言葉は、難しいということだけが心に残りました。東京は全国共通語の中心地ということだけでなく、言葉の仕組みが難しいところだと思いました。

|

« 言葉の移りゆき(398) | トップページ | 言葉の移りゆき(400) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 言葉の移りゆき(398) | トップページ | 言葉の移りゆき(400) »