« ふるさと江井ヶ島(1) | トップページ | ふるさと江井ヶ島(3) »

2019年7月 1日 (月)

ふるさと江井ヶ島(2)

あなもん【穴門】


 鉄道線路の下を潜るトンネルで、内側には赤レンガなどが張られ、形はアーチ式である。人だけが通って、車が通るようにはできていない。
 阪神間にも明石にも同様のものがある。谷崎潤一郎の『細雪』の中には「マンボウ」という言葉が使われているが、「あなもん」と同じもののことを指しているようである。また、鉄道以外でも、高くなっている道路の下や、農業用水路の下を潜るものも、狭く細いものであれば「あなもん」と言っておかしくないと思われる。「あなもん」は、文字通り穴のような感じがして、閉塞感があり、狭く鬱陶しい通り道である。
 神戸市中央区の元町駅前に穴門商店街がある。JR山陽本線(神戸線)の南側であるが、昔は今のような高架線のガードでなくて、線路の下が穴門のようになっていたのかもしれない。

|

« ふるさと江井ヶ島(1) | トップページ | ふるさと江井ヶ島(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ふるさと江井ヶ島(1) | トップページ | ふるさと江井ヶ島(3) »