« ふるさと江井ヶ島(3) | トップページ | ふるさと江井ヶ島(5) »

2019年7月 3日 (水)

ふるさと江井ヶ島(4)

えいがしま【江井ヶ島】


 「えいがしま」という地名の文字遣いについては、行政上は「江井島」を使うが、「江井ヶ島」も駅名や郵便局名をはじめとして多く使われている。
 本来は江井ヶ島であるが、今では江井島が優勢である。兵庫県内には「ヶ」を入れない尼崎(ルビ=あまがさき)市という表記があるが、関東では「ヶ」を入れた神奈川県茅ヶ崎(ルビ=ちがさき)市や茨城県龍ヶ崎(ルビ=りゅうがさき)市がある。山の名前では、全国的に槍ヶ岳、駒ヶ岳、笠ヶ岳など「ヶ」を入れた表記が優勢である。
 古くから使われ続けている名称には「ヶ」を入れたのが残っている。山陽電気鉄道・本線には「江井ヶ島」駅と「西江井ヶ島」駅がある。
 1951年(昭和26年)に旧・明石市と、大久保町・魚住村・二見町の西部3町村の合併時に始まった明石市営バスは、2012年には民営に完全移行して、現在は神姫バスと山陽バスが市内の路線を継承している。それとは別に、「Taco(たこ)バス」と呼ばれるコミュニティバス(民営で受託)がある。バスのルート名のひとつを「江井ヶ島ルート」と言うが、バス停名は「江井島港」となっていて、表記が混在している。
 行政は、明石市立江井島小学校・江井島中学校や江井島保育所をはじめとしてすべて「江井島」に統一している。小学校の名前は、戦後の昭和20年代から既に「江井島」であった。会社・商店などの名前には両方があるが、「神鷹」の銘柄等で知られる老舗酒造メーカーは「江井ヶ嶋酒造」という文字遣いである。

|

« ふるさと江井ヶ島(3) | トップページ | ふるさと江井ヶ島(5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ふるさと江井ヶ島(3) | トップページ | ふるさと江井ヶ島(5) »