« 明石日常生活語辞典・追記(6) | トップページ | 明石日常生活語辞典・追記(8) »

2019年9月15日 (日)

明石日常生活語辞典・追記(7)

さん、ちゃん、はん、やん、たん


 古くからの集落には家号(屋号)が伝わっています。私の住む地域にも残っています。〇〇さんという呼び名の「はっちょみさん」「もよみさん」。〇〇ちゃんという呼び名の「たんちゃん」「よんちゃん」。〇〇はんという呼び名の「くろべはん」「ごえはん」「じゅうべはん」「せえべはん」「たろべはん」「はちべはん」「まごべはん」。〇〇やんという呼び名の「こさやん」「しょうやん」「にさやん」などです。わが家は「せいはっつぁん」または「せえはったん」と呼ばれていますが、これは、清八さん、清八ちゃん、清八はんなどの発音が崩れたものでしょう。
 「さん」などの接尾語は、家号だけではなく、人名にも使われます。
 これらの愛称のうち、「やん」について書かれた、こんな文章を読みました。


 友人知人のひとりやふたり、「やん」づけがいるはず。私の同僚にもいる。いもやん、かじやん、つかやん。名字の上半分に「やん」を足した愛称が基本で、男性に使われることが多い。 …(中略)…
 落語でも「やん」はおなじみだ。上方落語の「七度狐」は喜六、清八コンビがお伊勢参り道中、狐にだまされる話。清八は「清ぇやん」だ。
 なぜか許してしまう、心をくすぐる魔法の言葉が「やん」かも。「大阪ことば事典」(牧村史陽編)にこうある。「サン」がなまって変わったもので、親しい間柄に用いると。
 (朝日新聞・大阪本社発行、2017年4月5日・夕刊、3版、2ページ、「まだまだ勝手に関西遺産」、河合真美江)

 上の引用文は、家号ではなく人名について書かれています。その文章のうち、「名字の上半分に『やん』を足した愛称が基本で」という部分には異論があります。名字の上半分に付くこともありますが、どちらかというと、氏名の「名」の上半分に付くことが多いように思います。
 面白いのは、落語の清八は「せぇやん」ですが、わが家の家号は「せえはったん」です。

 ところで上の記事の見出しは「仲良しの証し 魔法やん」と書いてあるのですが、「魔法やん」の「やん」は、掛詞的な使い方です。
 この「やん」は終助詞です。「明石日常生活語辞典」では、「相手に語りかけて、念を押したり同意を得たりするような気持ちを表す言葉」と説明しました。「魔法やんか」と言っても同じような意味です。

|

« 明石日常生活語辞典・追記(6) | トップページ | 明石日常生活語辞典・追記(8) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明石日常生活語辞典・追記(6) | トップページ | 明石日常生活語辞典・追記(8) »