« 明石日常生活語辞典の刊行について(5) | トップページ | 明石日常生活語辞典の刊行について(7) »

2019年9月 6日 (金)

明石日常生活語辞典の刊行について(6)

「本書の特長」をそのまま伝えます


 「明石日常生活語辞典」の出版元・武蔵野書院が作成したパンフレットに「本書の特長」を記しています。これまでに述べたことと重なる部分はありますが、箇条書きでパンフレットに書いていることを引用します。

●この辞典は、明石で使っている言葉について、俚言、関西共通語、全国共通語の区別なく、すべてを集めました。
●この辞典は、著者の祖父母の世代、父母の世代、自分たちの世代の3世代が使っていた言葉、あるいは、使っている言葉を集めました。
●この辞典は、話し言葉の要素が強いとして国語辞典で採り上げていない言葉や、発音の変化した(訛った)言葉も多く取り上げています。
●この辞典の骨子は、言葉の意味の記述と、その言葉を使った用例の提示と、用例の文法的分析です。意味は、言葉の置き換えに終わらず、できるだけ詳しく説明しています。
●すべての言葉について用例を記しています。用例は断片的な表現でなく、文の形で書いています。著者は生まれてから現在に至るまで同じところに住んでおり、明石の言葉の調査者(研究者)の立場とともに、被調査者(話者)の立場も備えていますので、実際の生活から採集した用例とともに、内省に基づいて作成した用例も加えています。
●用例は文節に分けるとともに、さらに単語に分けて記しています。
●この辞典は俚言と共通語の区別をすることなく、言葉と言葉を参照することを随所で行っています。

 パンフレットでは、以上の他に、「見出し語」「他の見出し語との対応」「漢字表記」「品詞など」「意味」「用例」「写真」について、この辞典のことについて説明をしています。ただし、それらについては引用しないことにします。

|

« 明石日常生活語辞典の刊行について(5) | トップページ | 明石日常生活語辞典の刊行について(7) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明石日常生活語辞典の刊行について(5) | トップページ | 明石日常生活語辞典の刊行について(7) »